ハチの駆除方法を含めた対処法|

横浜の便利屋ジャストサービス
お電話ください。丁寧・迅速・的確に何でも回収します!

FAQ

ハチの駆除方法を含めた対処法は

近年横浜市内でスズメバチやアシナガバチの被害が数多く報告されていると聞いていましたが、さすがに我が家の周りは庭くらいしか緑がない都市部で、ハチの姿も家の近くでは見たことがなかったので他人事だと思っていました。
しかし、先日ご近所さんがハチに刺されて、それも家の軒下に大きな巣ができていたと聞いて、急に怖くなって家の周りをこまなく確認してみると、我が家には今のところハチの巣はないようでしたが、先日テレビでハチの巣は家の軒下以外にも、壁の中や天井裏や、庭の土の中にもあることを知り、ますますハチが怖くなりました。
そこで、スズメバチやアシナガバチが最も活動する時期や、駆除の方法、そして、もしもハチが家の中に入ってきたり、最悪ハチに刺された場合の対処方法があれば教えてください。

answer

ハチの習性を認識して的確な対応をしましょう。

スズメバチとアシナガバチの習性は若干異なり、スズメバチが最も盛んに活動するのは9月、アシナガバチは8月下旬が最盛期となっています。
いずれも巣を見つけた場合は、絶対に棒などでつついたり、振動を与えないようにしましょう。
ただし、いずれも7月から10月くらいまでは刺される危険性はありますし、7月頃にはすでにソフトボールくらいの大きさになっていて、巣の中にいるハチの数も多く、巣に近づいただけでも刺される恐れがあるので注意が必要です。
ご指摘の通りに、壁の間や天井裏や木や草むらや土の中などの、目に見えない場所に巣を作ることも多く、この時期にご自分でハチの巣の駆除を行うことはかなり危険ですので、必ず当社のような専門業者に依頼することをおすすめします。
アシナガバチはスズメバチに比べるとおとなしく、巣を刺激しなければ人を襲うこともほぼありませんが、手で振り払う行為をしたり、巣に触れると刺されることもあります。
スズメバチとアシナガバチの区別がつかない方の方が多いと思いますので、ハチを見かけた場合は、とにかく手で左右に振り払うことはハチを刺激する行為になるので絶対にしないようにして、姿勢を低くして頭を下げて、その場からゆっくり遠ざかりましょう。
家の中にハチが侵入してきた場合は、電気を消して、明るい方の窓を開けて、ハチが立ち去るのを待ちましょう。
万一ハチに刺された場合は、患部を冷やし一刻も早く病院へ駆け込みましょう。

PageTop