横浜のハチ駆除ならお任せ下さい。

横浜の便利屋ジャストサービス

横浜のハチ駆除【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でハチ駆除に対応できる業者です。最近は都市部であってもハチの被害に悩まされている人は少なくありません。家にハチの巣ができてしまい、放置しておけば子供などが被害にあってしまう可能性もあります。ハチがたくさん家の周りを飛び交うような状況もあるのです。毎日、ハチに刺されるかもしれないと怯えながら暮らすのは大きなストレスとなってしまうでしょう。しかし、ハチの駆除は自分たちで簡単にできることではありません。そこで、私たちの出番となるのです。

ハチ駆除 横浜

ハチを駆除するためのサービスを提供しており、ハチを巣ごと取り除くことができます。即日で対応することもできるため、今すぐハチの巣をどうにかして欲しいという願いにも対応できます。専用の資材を用いることによって、安全で確実にハチの巣を駆除することができるのが特徴です。攻撃性の高いハチであっても、熟練した技術のあるスタッフがスムーズに作業を進めるため安心してください。アシナガバチやスズメバチといった危険なハチにも対処します。横浜でハチに悩まされている人はぜひともご相談ください。ジャストサービスはハチの駆除をはじめとして、不用品回収など便利屋としてサービスを展開している会社です。

01ハチ駆除業者の仕事とは

ハチ駆除業者の仕事は、屋根裏や庭の木や民家の軒先に巣を作ったハチを駆除することです。
最近では都市部にもハチが巣を作ることが問題となっていて、シーズンにもなると専門業者に多くの依頼が殺到するのが目立っています。テレビのニュース番組などでも頻繁に報道されていて、ハチ駆除業者の需要は高くなっています。
とは言え、ハチの駆除の仕事は年中あるわけではないため、多くの業者では害虫など他の駆除の仕事も掛け持ちしていることが多いです。
中には個人的に副業でシーズンだけハチの駆除を行っている方もいるようですが、ハチの巣の駆除は非常に危険な仕事であるため、安易にチャレンジしない方がいいでしょう。
ミツバチのように刺されても大きな危害が及ばない種類ならいいとしても、ハチの中には攻撃性が高く、命を失う危険性が高い種類も日本でもたくさん確認されています。
ハチが人を刺すのは巣を守ろうとする防衛行動なので、それぞれのハチの性質を把握しておく必要もあります。
ハチ駆除の専門業者であれば、多種多様なハチの存在を認識していて、それに合わせた駆除方法も知っています。万一のときに取るべき行動も把握しているので、ハチの巣の駆除は専門業者に任せましょう。

02初めて自力でハチの巣を駆除するときの注意点

家の壁や屋根の軒下や庭の木の上などにハチの巣を発見した場合は、不安になって何とかしたいと考えて当然です。
ホームセンターなどに行けば、ハチを退治するための専用のスプレーなどが販売されていて、自力でハチの駆除を行うことも可能となっています。
ただし、ハチの種類や巣ができている場所や巣の大きさなどによって、素人は安易に手を出すことにはかなりの危険を伴う場合もあるため、まずは冷静になってハチの種類を確認しましょう。
ハチの種類など見分けることができないという場合は、迷わず専門業者に依頼することをおすすめします。
ハチにはさまざまな種類がありますが、日本の家屋で巣を作るのは、ほとんどが「ミツバチ」「アシナガバチ」「スズメバチ」の3種類です。

初めて自力でハチの巣を駆除するときの注意点

ミツバチは素人でも比較的安全に駆除できますが、他の2つはとても危険です。したがって、家に巣を作っているのがミツバチではないと分かった時点で、自力での駆除は諦めた方が賢明です。
ミツバチの特徴は、黒っぽい胴体にはっきりした縞模様があることです。体長は2センチほどで、毛が体を覆っています。
これだけを覚えておいて、それに該当しない場合は危険度が高いと察知して、すぐに専門業者に駆除の依頼をしてください。場合によっては命を落とすこともあります。

03ハチの巣を見つけて駆除するまでの3つのお悩み

1.ハチの巣には近づかないことが大事
ハチの巣を見つけた場合は、速やかに専門の業者を呼んで駆除してもらうことをおすすめします。
電話などで詳しい情報を伝えようと、ハチの種類や巣の大きさを確認しようと巣に近づく方もいるようですが、業者が車で巣には近づかないのが正解です。
もし偶然巣を見つけた場合は、ゆっくりと真後ろに下がって退避しましょう。

2.ハチを刺激してはいけない
ハチと遭遇してしまったときには、手で振り払おうとするなどの派手な動きをしてしまうと、ハチを興奮させてしまい自分を危険な状態に追い込むことになってしまいます。
ハチは危険を察知すると警戒フェロモンを出し、仲間がたくさん集まってくることもあります。大きな音にも反応することがあるので、とにかく刺激しないように注意してください。

3.巣に振動を与えない
専門業者が来るまでは、できるだけハチの巣には刺激を与えないことがポイントです。
おとなしいミツバチであっても、ドアの開閉や家の中を歩き回ることで巣を振動させてしまうこともあるので、そうなると一気に攻撃を仕掛けられる可能性もあります。

04刺されたら命の危険もあるハチの巣の種類の見分け方

ハチ駆除 横浜

一口にハチの巣と言っても、何バチの巣かによって危険度は大きく異なります。
最近都市部でも多く発見されている、刺されたら命の危険もあるスズメバチの巣は球体が多く、主にトックリを逆さにしたような形をしています。スズメバチにはキイロスズメバチ、オオスズメバチ、モンスズメバチ、コガタスズメバチなどいろいろな種類がありますが、全てにおいて球体のボール型が多く、貝殻な何層に重なっているように見えるマーブル模様となっているのが大きな特徴です。
ただし、ヒメスズメバチだと巣の下半分がむき出しになっているなど、ハチの種類によって多少の違いはあるようです。
巣が作られる場所は家の軒下や天井裏や庭木などの高い場所の他にも、生垣などの低い場所や土の中などいろいろで、そうなると外からは見えにくいので発見することが難しくなります。
特にキイロスズメバチは、車体の隙間、自転車やバイクのシートの中、廃材の下、煙突の中などどこでも巣を作り、都市部でも環境に合わせて生きていくのが得意なハチです。
スズメバチ以外にも多く見られるアシナガバチの巣は、お椀を逆さまにしたシャワーヘッドのような形をしています。六角形の巣穴が外に向き出しているのが特徴です。
私たちに最も馴染みにあるミツバチの巣は、巣板と呼ばれる平べったい板のような形で、下に垂れているのが特徴です。板が何枚か並び大きくなっていきますが、ニホンミツバチやセイヨウミツバチは複数枚の板で、コミツバチは1枚の板しか作りません。

05横浜市と川崎市を中心にハチの駆除を提供

横浜市と川崎市を中心にハチの駆除を行っています。その他のエリアでも対応することは可能です。
拠点を構える横浜市港北区は、横浜市の北東部に位置している横浜18区の一つです。区内には東急東横線、JR横浜線、横浜市営地下鉄、東海道・山陽新幹線など多くの路線が通っていて、都心へのアクセルもとても便利になっています。
港北区にはショッピング施設も充実していて、人気の商店街なども有し様々な形態の店舗も営業しています。
大型ショッピングモールのトレッサ横浜などが有名で、そこに行けばファッションなども全て網羅できます。
港北区には人気アーテイストがコンサートを行う「横浜アリーナ」や「日産スタジアム」など多くの施設もあり、全国のラーメンを味わうことができる「ラーメン博物館」もあります。
港北区では子育て支援にも力を入れていて、子どもを育てやすい環境をどんどん整備しています。また、親子でも楽しむことができる「新横浜公園」などのお出かけスポットもたくさん用意されています。
子育て世代も増えていることから、マンションや新興住宅地も広がっていて、人口も世帯数も増加傾向にあります。

06ハチの巣の駆除にはどのくらいの費用がかかるの?

最近では横浜市内でもハチの巣が発見される機会が増えていて、年々それが大きな問題となっています。
ハチの巣を自分で駆除しようとする方もいて、費用的なことを考えればそれが最もお金がかからない方法です。
しかし、刺されてもそれほど大きな被害に及ぶ可能性が低いミツバチならともかく、最近では刺されたら命にもかかわる凶暴なスズメバチの巣が発見されるケースが急増しています。

ハチの巣の駆除にはどのくらいの費用がかかるの?

したがって、よほどの経験と知識がない人でない限り自分で何とかしよと思わないで、プロに依頼することをおすすめします。
依頼する業者によっても駆除にかかる費用は異なりますが、一般的なハチの駆除代金の相場は、一つの巣に対して8,000円から50,000円とされています。危険で駆除する難易度が高いスズメバチの場合は1万円程度と言われています。
ハチの巣の駆除かかる費用は、ハチの種類や巣の大きさや巣の場所によっても大きく変わってきます。
攻撃性の高いハチほど、駆除の難易度がアップして料金が高くなります。大きな巣になればたくさんのハチがいる可能性が高いため、費用が高くなります。特にハチの活動が活発になる7〜10月は巣が大きくなりやすいため。早期発見を心掛けましょう。
ハチの巣の場所は、5m以上の高所になると追加料金が発生するケースが多いです。

07ハチの駆除を自分で行うときに注意すべき3つのポイント

01有効な殺虫剤をきちんと選ぶことが大事

ミツバチなどあまり危険性がないハチなら自力でも容易に駆除することができますが、スズメバチなど刺されたら命を奪われるかもしれないようなハチの駆除を素人が行う場合は、基本的には市販の殺虫剤を使用するしかありません。
ハチ用の殺虫剤はホームセンターなどでもいろいろ販売されていますが、どの商品を選ぶかでも駆除の成功率が変わってくるので、対象のハチに合ったものを選択することが大事です。

02防護服などもしっかり用意して駆除に臨もう

危険なハチの駆除を行う場合は、殺虫剤だけに頼るのではなく、必ず防護服などを用意してください。
手袋や長靴なども装備して、ハチに刺される隙をつくらないように気をつけましょう。ハチを駆除する際にはその後のことも考えて、ほうきやちりとりや厚手のビニール袋なども用意して、状況に合わせてしっかり対策してください。

03ハチの巣が大きい場合は業者に任せよう

スズメバチであれば、ハチの巣が10p以上あるとかなり危険なので、自分で何とかしようと思わないで迷わず業者に依頼することをおすすめします。
10pを超えてくると、巣の中には攻撃性の高いハチがたくさんいる可能性が高く、殺虫剤を使用しても完璧に駆除できない可能性もアップします。
くれぐれもハチの駆除をするときには慎重になり、知識のないまま無理をすることは避けましょう。

08ハチの駆除をしてもらう業者を選ぶときの判断材料とは

ハチが出たときには、無理に自分で駆除しようと思わないで専門業者に依頼することをおすすめします。
とくにハチの種類がスズメバチなどの凶暴なものである場合は、すぐに業者に連絡して対処してもらいましょう。
ハチの駆除を依頼する業者の選び方は、住んでいる地域に対応しているかが大事なポイントで、もしも遠方でも対応してくれるとしても、駆除後のことも考えて正規の対応エリア内であるかを確認してから依頼することを推奨します。
ハチは完全に駆除したつもりでも、再び同じ場所に巣をつくることもあれば、完全に駆除できていなかったということもあります。
そのような場合はまたすぐに対応してもらえないと、命の危険も伴ってしまいます。対応エリア内でアフターフォローもしっかりしていれば安心です。一度駆除してすぐに同じ状況になった場合は、無料で対応してもらえるならより安心です。
また、駆除後の巣の処理や清掃をしっかりしてくれるかどうかも、優良業者かどうかの判断材料となります。
業者によってはハチの種類によっては対応してもらえないこともあるので、事前にどんなハチでも対応可能か確認してください。
見積や現地料さ費用が無料であるかどうかも、業者を選ぶときの判断材料となります。

09ハチの巣を駆除するタイミングでよくある相談とは

ハチの巣を駆除するタイミングでよくある相談とは

最近では横浜市内でもハチの姿を目にする機会が増えていて、ハチの駆除業者が活躍の場を広げていますが、小さい巣なら自力で何とかできるのでは?という相談もよくいただきます。
ハチの巣は、見つけたらできるだけ小さいうちに駆除した方が良く、ハチに刺されるのが怖いからといってそのまま放置しておくと、どんどん巣が大きくなって危険度が高まり生活にも支障をきたすことになってしまいます。
特に玄関やベランダなど普段よく使う場所に巣があれば、刺される危険性はかなり高いです。ハチの巣を発見したら、一刻も早く駆除しましょう。
巣はできるだけ小さいうちに駆除した方が安全で、特にスズメバチの場合は危険なので、駆除する際には必ず防護服を身につけましょう。
自力での対処に少しでも不安がある場合は、駆除業者に依頼してください。お金がもったいないからといって自力で何とかしようして刺されてしまうと、命を落としてしまうかもしれません。
もしハチに刺されてしまった場合は、刺された箇所を水でしっかり洗い流して、すぐに病院で診てもらいましょう。たいしたことがないからと油断しないで、必ず受診してください。

10ハチに関することでよくある3つの質問

質問 ハチのよる害とは
回答 ハチによる最大の害は、なんと言っても刺されることです。
ハチに刺されると、その部分が赤く腫れたり最悪死に至ったりすることもあります。
刺される以外にも、ハチの巣自宅やお店などにできたりすると、家の前を通るときや出入りする際に警戒しなくてはいけなくなり、それが飲食店などの店舗だと、お客さんが怖がって寄り付かなくなってしまう恐れもあります。
質問 ハチを見つけた場合に注意すべきこととは?
回答 ハチや巣を見つけた場合は、できるだけ刺激を与えないように注意してください。
ハチを手で追い払おうとするなどの激しい動きをすると、ハチは興奮状態になって刺される可能性を高めてしまいます。
ハチの巣を刺激すると、大量のハチを刺激して襲撃される恐れもあるため、とにかくハチや巣に近づかないようにしてください。
質問 ハチに刺されたときの対処法は?
回答 ハチに刺された場合は、すぐに家の中などの安全な場所に避難してください。
ミツバチに刺された場合は、刺された箇所にある毒針をピンセットなどで取り除いて、毒を取り去ってください。周囲をつまみ毒を絞り出して、冷水でよく洗い流しましょう。
スズメバチなどの凶暴なハチに刺された場合は、急激に症状が悪化する危険性もあるので、すぐに病院に行くか救急車を呼びましょう。

11駆除業者選びで気をつけるべきこととは

POINT ハチの巣を駆除してもらうという経験は、生きているうちにそうそうすることではないため、駆除にかかる費用相場を理解している方は少ないのが現実です。
お金はいくら掛かっても良いという方は別として、できるだけ安く、もしくは相場でハチの駆除をして欲しい場合は、事前に各業者の料金体系を確認したうえで依頼先を決めることをおすすめします。
また、ハチの駆除業者には、自社で駆除しているところと、受付だけをしていて駆除は別に外注する2つのタイプがあって、後者の場合は仲介手数料が発生するため、どうしても費用が高くなってしまいます。その点も確認したうえで、依頼先を決めましょう。
口コミや評判も。駆除業者を選ぶときには注意すべきポイントです。せっかくハチを駆除してもらえても、すぐに再びハチが発生したり、駆除後の後始末をきちんとしないで帰ったりするような業者もいます。
そのような業者はインターネット上でも酷評されているケースが多いため、依頼する前に口コミなどを確認することをおすすめします。
即日対応してもらえるかも大きなポイントで、問合せしてすぐに駆除に駆けつけてもらえるかどうかも、依頼先を選ぶときに注意すべき大事なポイントです。

12アナフィラキシーとは?

ハチに刺されたときには、アナフィラキシーを引き起こす可能性がありますが、これは重いアレルギー症状を指します。
具体的には、体内にアレルギーを引き起こす原因物質であるアレルゲンが入ることで体が抗体をつくり、再度同じアレルゲンが体内に入るとその抗体がアレルギーを追い出そうとして反応します。
すなわち、ハチに刺されたことで起きるアナフィラキシーは、2回以上ハチに刺された場合に起こるわけですが、過去に刺された経験がない方でも稀に発症することもあるので、油断は禁物です。
アナフィラキシーを発症してショック状態が起きるほどの重い状態になることを、アナフィラキシーショックと呼びます。こうなると意識が消失したり血圧が急激に低下したりして、死に至ることもあります。
アナフィラキシーにならなくても、ハチに刺されたことにより、傷口が赤くなったり、かゆみが出たり、腫れたり、患部に熱をもったりすることもあります。
最初は軽い症状だと思い放置しておくと、徐々に悪化して重症化することもあるので、ハチに刺されたときには早めに医療機関で診てもらいましょう。
最初は大丈夫だと思っても、発熱したり嘔吐したり呼吸困難になったりして、突然意識を失うようなこともあります。

FAQ一覧

PageTop