横浜のハチ駆除ならお任せ下さい。

横浜の便利屋ジャストサービス

横浜のハチ駆除【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でハチ駆除に対応できる業者です。最近は都市部であってもハチの被害に悩まされている人は少なくありません。家にハチの巣ができてしまい、放置しておけば子供などが被害にあってしまう可能性もあります。ハチがたくさん家の周りを飛び交うような状況もあるのです。毎日、ハチに刺されるかもしれないと怯えながら暮らすのは大きなストレスとなってしまうでしょう。しかし、ハチの駆除は自分たちで簡単にできることではありません。そこで、私たちの出番となるのです。

ハチ駆除 横浜

ハチを駆除するためのサービスを提供しており、ハチを巣ごと取り除くことができます。即日で対応することもできるため、今すぐハチの巣をどうにかして欲しいという願いにも対応できます。専用の資材を用いることによって、安全で確実にハチの巣を駆除することができるのが特徴です。攻撃性の高いハチであっても、熟練した技術のあるスタッフがスムーズに作業を進めるため安心してください。アシナガバチやスズメバチといった危険なハチにも対処します。横浜でハチに悩まされている人はぜひともご相談ください。ジャストサービスはハチの駆除をはじめとして、不用品回収など便利屋としてサービスを展開している会社です。

01ハチ駆除業者の仕事とは

ハチ駆除業者の仕事は、屋根裏や庭の木や民家の軒先に巣を作ったハチを駆除することです。
最近では都市部にもハチが巣を作ることが問題となっていて、シーズンにもなると専門業者に多くの依頼が殺到するのが目立っています。テレビのニュース番組などでも頻繁に報道されていて、ハチ駆除業者の需要は高くなっています。
とは言え、ハチの駆除の仕事は年中あるわけではないため、多くの業者では害虫など他の駆除の仕事も掛け持ちしていることが多いです。
中には個人的に副業でシーズンだけハチの駆除を行っている方もいるようですが、ハチの巣の駆除は非常に危険な仕事であるため、安易にチャレンジしない方がいいでしょう。
ミツバチのように刺されても大きな危害が及ばない種類ならいいとしても、ハチの中には攻撃性が高く、命を失う危険性が高い種類も日本でもたくさん確認されています。
ハチが人を刺すのは巣を守ろうとする防衛行動なので、それぞれのハチの性質を把握しておく必要もあります。
ハチ駆除の専門業者であれば、多種多様なハチの存在を認識していて、それに合わせた駆除方法も知っています。万一のときに取るべき行動も把握しているので、ハチの巣の駆除は専門業者に任せましょう。

02初めて自力でハチの巣を駆除するときの注意点

家の壁や屋根の軒下や庭の木の上などにハチの巣を発見した場合は、不安になって何とかしたいと考えて当然です。
ホームセンターなどに行けば、ハチを退治するための専用のスプレーなどが販売されていて、自力でハチの駆除を行うことも可能となっています。
ただし、ハチの種類や巣ができている場所や巣の大きさなどによって、素人は安易に手を出すことにはかなりの危険を伴う場合もあるため、まずは冷静になってハチの種類を確認しましょう。
ハチの種類など見分けることができないという場合は、迷わず専門業者に依頼することをおすすめします。
ハチにはさまざまな種類がありますが、日本の家屋で巣を作るのは、ほとんどが「ミツバチ」「アシナガバチ」「スズメバチ」の3種類です。

初めて自力でハチの巣を駆除するときの注意点

ミツバチは素人でも比較的安全に駆除できますが、他の2つはとても危険です。したがって、家に巣を作っているのがミツバチではないと分かった時点で、自力での駆除は諦めた方が賢明です。
ミツバチの特徴は、黒っぽい胴体にはっきりした縞模様があることです。体長は2センチほどで、毛が体を覆っています。
これだけを覚えておいて、それに該当しない場合は危険度が高いと察知して、すぐに専門業者に駆除の依頼をしてください。場合によっては命を落とすこともあります。

03ハチの巣を見つけて駆除するまでの3つのお悩み

1.ハチの巣には近づかないことが大事
ハチの巣を見つけた場合は、速やかに専門の業者を呼んで駆除してもらうことをおすすめします。
電話などで詳しい情報を伝えようと、ハチの種類や巣の大きさを確認しようと巣に近づく方もいるようですが、業者が車で巣には近づかないのが正解です。
もし偶然巣を見つけた場合は、ゆっくりと真後ろに下がって退避しましょう。

2.ハチを刺激してはいけない
ハチと遭遇してしまったときには、手で振り払おうとするなどの派手な動きをしてしまうと、ハチを興奮させてしまい自分を危険な状態に追い込むことになってしまいます。
ハチは危険を察知すると警戒フェロモンを出し、仲間がたくさん集まってくることもあります。大きな音にも反応することがあるので、とにかく刺激しないように注意してください。

3.巣に振動を与えない
専門業者が来るまでは、できるだけハチの巣には刺激を与えないことがポイントです。
おとなしいミツバチであっても、ドアの開閉や家の中を歩き回ることで巣を振動させてしまうこともあるので、そうなると一気に攻撃を仕掛けられる可能性もあります。

04刺されたら命の危険もあるハチの巣の種類の見分け方

ハチ駆除 横浜

一口にハチの巣と言っても、何バチの巣かによって危険度は大きく異なります。
最近都市部でも多く発見されている、刺されたら命の危険もあるスズメバチの巣は球体が多く、主にトックリを逆さにしたような形をしています。スズメバチにはキイロスズメバチ、オオスズメバチ、モンスズメバチ、コガタスズメバチなどいろいろな種類がありますが、全てにおいて球体のボール型が多く、貝殻な何層に重なっているように見えるマーブル模様となっているのが大きな特徴です。
ただし、ヒメスズメバチだと巣の下半分がむき出しになっているなど、ハチの種類によって多少の違いはあるようです。
巣が作られる場所は家の軒下や天井裏や庭木などの高い場所の他にも、生垣などの低い場所や土の中などいろいろで、そうなると外からは見えにくいので発見することが難しくなります。
特にキイロスズメバチは、車体の隙間、自転車やバイクのシートの中、廃材の下、煙突の中などどこでも巣を作り、都市部でも環境に合わせて生きていくのが得意なハチです。
スズメバチ以外にも多く見られるアシナガバチの巣は、お椀を逆さまにしたシャワーヘッドのような形をしています。六角形の巣穴が外に向き出しているのが特徴です。
私たちに最も馴染みにあるミツバチの巣は、巣板と呼ばれる平べったい板のような形で、下に垂れているのが特徴です。板が何枚か並び大きくなっていきますが、ニホンミツバチやセイヨウミツバチは複数枚の板で、コミツバチは1枚の板しか作りません。

FAQ一覧

PageTop