横浜ですぐにでもハチ駆除をしてくれる業者|横浜のハチ駆除ならお任せ下さい。

横浜の便利屋ジャストサービス
お電話ください。丁寧・迅速・的確に何でも回収します!

FAQ

横浜ですぐにでもハチ駆除をしてくれる業者を探しています

家の軒下にスズメバチのような大きなハチが巣を作ってしまいました。
いまにも家族の誰かが刺されてしまうのではないかと、ハラハラしています。すぐにでもハチ駆除をしてくれる業者を探しています。アドバイスをお願いします。

answer

緊急のハチ駆除であれば便利屋にご相談ください

日本の四季の中にはハチが活動的になる時期があります。
スズメバチは特に夏から11月にかけて活動期と言え、働き蜂が凶暴化する時期にあたります。この時期は素人は絶対に手を出してはいけません。働き蜂を刺激してしまうと、約1000匹のハチが襲ってくることもあります。ぜひプロにおまかせいただき、容易に近づかないようにしましょう。
また、ハチ駆除は年間を通して需要のあるものなので多くの便利屋が進出しています。まずはお電話でご相談ください。事態によっては、すぐに駆けつけることも可能です。
民家の軒先に巣を作る習性があるハチはスズメバチ、アシナガバチとミツバチの3種類です。
スズメバチの巣はマーブル状で積み重なるような造形が特徴です。この巣を見つけたら絶対に触ってはいけません。巣の中には最低でも300匹のハチが寝起きをともにしています。
アシナガバチの巣は、六角形のハニカム構造がむき出しの形になっています。これも家のどこにでも巣をつくる事ができます。平均的な巣の大きさは直径15cmほどです。アシナガバチの中でもセグロアシナガバチとキアシナガバチは針先の毒素も強く、また攻撃的なので、お一人で処理するようなことはお控えいただき、こちらも一刻も早くプロへご依頼ください。
最後にミツバチです。巣箱や蜂蜜でおなじみのミツバチですが、板状の巣を一般住居にも構築します。サイズ感が可愛いミツバチといえど、刺されてしまえばアナフィラキシーショックの危険性も考慮しなくてはなりません。巣は最大で1mほどの大きさになります。六角形のそれぞれのマスの色が変わってきたら蜂蜜が溜まっている証拠です。いずれにしても巣を見つけた際、頻繁にハチの姿を目撃するようになったら、巣の駆除が必要です。
フットワークの軽い便利屋ならすぐに駆けつけて対処してくれます。事前にスマートフォンなどで撮影した巣の写真があれば、処理作業もスムーズに進むことが期待できます。まずはお電話にてご相談ください。

PageTop