毎年ハチ駆除の悩み|横浜のハチ駆除ならお任せ下さい。

横浜の便利屋ジャストサービス
お電話ください。丁寧・迅速・的確に何でも回収します!

FAQ

横浜でハチ駆除に毎年悩まされています。

横浜市内に住んでいる者です。
都市部ではなく郊外に住んでいるのですが、毎年この時期になるとハチの巣ができてしまい、困ってしまいます。ある意味1年のなかでの恒例行事のようになっているので、内心楽しみにしている面もあるのです。それでも刺された場合には家族の生死に直結する問題ですので、お気楽なことは言っていられません。
ハチの巣の駆除はもちろんのこと、なるべく巣が作られないようにするには、何か対策があったりするものでしょうか。こういったことを業者の方と一度お話してみたいです。

answer

ハチの巣でお困りの際は経験のあるハチ駆除業者にご相談下さい

ハチの巣でお困りの方は意外と多いです。それ故にハチ駆除に対応できる業者や便利屋も、数多く世に出ています。
まずは経験のある業者に相談してみましょう。すでに巣が出来上がっている場合には、すぐに連絡を取り撤去してもらいます。
経験豊富な業者であれば巣の作られやすい環境も把握しています。ハチが嫌がるような対策を施すことで、来年の巣作りを予防することは十分に可能です。例えば殺虫剤、防虫ネット、木酢液などが用いられます。
ここで巣が作られると厄介な代表例であるオオスズメバチとアシナガバチの生態をご紹介しましょう。
オオスズメバチはインドから東南アジア、日本にかけて生息しているスズメバチの一種です。女王バチは5cm、働きバチでも4cmととにかく大型です。巣は土の中などの閉鎖空間に作られる傾向があるのですが、人家の床下や屋根裏も格好の営巣場所になっています。攻撃性が高いのが特徴で、カマキリなどの大型昆虫を襲うこともあり、また他のスズメバチコロニーを襲撃し、女王バチの食欲を満たす傾向もあります。刺された際の毒性は高く、毎年死傷者が確認されています。
アシナガバチもスズメバチの仲間です。種類が多いのが特徴で、世界で1000種類以上確認されています。日本国内では12種が生息していて、全国に分布しています。オオスズメバチと同じく肉食で、攻撃性が高いのが特徴です。刺された際の毒性はスズメバチのものより弱いのですが、アナフィラキシーショックの危険性はスズメバチに刺された場合と同様に高いので、注意が必要です。
以上のように、ハチの中には特に危険なものが存在します。駆除の際は素人判断はせず、プロに頼み、安全かつ確実に始末しましょう。予防策にしても同様で、まずはご相談下さい。

PageTop